#踊る社長 ゆっぴい 岡脇柚太加のブログ

#踊る社長 ゆっぴい バレエダンサー、(株)ライフスタイルオーダーメイド代表取締役 バレエ学校在籍中からプロ活動を開始する。プロ活動する傍ら、某大手保険代理店支社長を務めるなど異色の経歴を持つ。自身も現役で活躍しながら、経営や金融に明るいことを武器にバレエ事業を多角的に展開中。#踊る社長 ゲスト出演等も承ります。

活動費捻出の巻

皆さん

こんばんは。踊る社長です。

ダンサーの雇用創出の為にバレエ団を立上げて3ヶ月が経とうとしています。

 


これまでにも同じような志を持って、団体を立ち上げてきた方は沢山いらしたと思いますが、そのほとんどが継続が難しく夢破れた現実があります。

 


現在我々はそのような死屍累々のデスバレーの上を進んでいるわけで、日々試行錯誤を繰り返しています。

 


僕の役割は、広告と資金繰り、そして夢を抱き続けることだと思っています。「日本のバレエの夜明けが見たい」「ダンサーの支援がしたい」という一心で頑張っているわけです。僕と同じ夢を見てくれて毎日稽古に励み、リハーサルをこなすダンサー達の姿を見ては、1日でも早く月給が出せるほどの規模に成長させなければという思いでいっぱいになります。

 


活動の報告をすると

7月の頭に一つの公演が終わり、明日また別の公演に出演させて頂きます。

9月にはベトナムツアーも控えています、そして本日ご縁があって来年にフィリピンでもツアーを行うことになりました。オーケストラ付きです。

 


とても嬉しい話が沢山あるわけですが、まずは今月の公演活動費捻出に力を入れて目の前のこと一つ一つ丁寧にやっていこうと思っております。

 


下記に今月の公演活動費のポルカをリンクを貼りました。芸術家が対価を受け取ることのできる世界の為にもみなさんの力を貸して頂ければと思っています。

何卒宜しくお願い致します。

 

https://polca.jp/projects/iKYxEt01MhU

バレエで【立つ】

大規模なワークショップを行います。

 

僕はずっとバレエを職業にするには?ということをずっと言い続けているわけなのですが、

 

並行してそもそも、今の日本のバレエ教育に必要なのは【基礎】だよねってことを

兼ねてからうちのスクールでも問題意識を持っているわけで

 

その基礎って結局【立ち方】なわけですよ

そして、バレエを職業にするってつまり、バレエで【自立】するってことなわけで

 

あれ?同じことじゃね?

ということで

バレエで【立つ】

見切り発車でワークショップを行うことにしました。

 

ダンスマガジン様にも載せていただきました。

f:id:y-okawaki:20190630100350j:image
f:id:y-okawaki:20190630100355j:image
f:id:y-okawaki:20190630100346j:image

 

会場は都立大のノアスタジオ4st

なんと80坪もある巨大スタジオです。

 

f:id:y-okawaki:20190630095555j:plain

ノアスタジオ

そこに僕の最高の仲間たちと先生方に来てもらいます。

損はさせません。ぜひ来てください。

 

f:id:y-okawaki:20190630100242j:image

一人立ってみた ぽつーん 笑

 

 

このワークショップで得られるものは知識だけでは知恵だと思っています。

 

与えられ知識を生きた知恵として自分の身につけないと本当の意味での上達は無いですよね。生きていく上でも同じことです。

 

このワークショップでは受講した方々がそれぞれの場所に帰ってもずっと自分の中で役に立つ知恵が身につくような実践的な内容になっています。

 

詳細はこちらです

www.ballet-salon.com

f:id:y-okawaki:20190630100208j:image

15コマを超える濃すぎる内容

 

楽しみすぎる

 

 

創業当時の話

おはようございます。ブログの鬼 踊る社長です。

 

つい最近、創業当時のことを思い出しました。

 

 

当時は、個人事業主としてバレエダンサー、バレエ教室をやっており

教室の規模拡大の為、法人成の準備にしている最中でした。新しい物件を借りる為に銀行から資金調達する訳なのですが、その時提出した当時所属していたバレエ団からの支払調書の額面に担当の方から壮大にツッコミを入れられました 笑

 

軸足として所属している団体です。

えーと、確か年間で70万円くらいだったかな 笑

 

「僕なんかギャラあるだけマシだと思いますよwww」って言ったの覚えています。

 

そこから業界の話を細かく説明することになるわけなんですが、もはや言ってる自分が恥ずかしくなるくらい情け無い環境。

 

踊れればそれでいいと思っているプレイヤー達とその気持ちの上に胡座をかいている主催者達。

 

気持ちの悪いくらいの共依存の環境が出来ているわけで、なんとこの環境を変えないと!

と強く思ったわけですよ。

 

ほんでもって僕は本格的に荒野のような経営の道に進むわけです。

 

当時の想いが実現して今、新たなバレエ団を作ったわけなんですが

仲間にも恵まれ本当に感謝の毎日です。嫌なことも沢山ありますが、それ以上に嬉しいことと実りを感じられる瞬間が沢山あるわけで

 

えーと、まあ

楽しいです 笑

 

 

 

【日本のバレエの夜明けを見たい】というミッションを持っていますからね

 

今日も頑張ります。

 

f:id:y-okawaki:20190630071130j:image

 

画像はバレエ団のリハーサルの様子

活動費の支援ポルカを立てています

こちらから支援出来ます。是非!

【公演活動費】全ての人に芸術を届ける為、チャリティ公演に参加したい!SAJみなとシティバレエ団 - polca(ポルカ)

 

パドドゥクラスやります!

こんにちは踊る社長です。

そういえば今日パドドゥクラスやります。

 

 

パドドゥやるとバレエ上手になる説があってですね

 

そもそも、日本のバレエ教育においてパドドゥってかなり遅れているわけで

 

バレエ学校ってそもそも毎週パドドゥクラスやらないといけないんだけども、男性講師と男子の生徒不足で日本は深刻なパドドゥ後進国だと思うわけですよ。

 

僕ら側のぶっちゃけた話をすると

発表会でやるパドドゥの技術とバレエ団で求められるパドドゥの技術って全然違うわけですよ

 

どっちが正しいとは言えないんだけど

そもそも、ものとして違うということを認識して欲しい。

 

やってることは似てるけど、本質的にはかなり違うよって話。

 

 

僕らが発表会の仕事を受注する時はリハーサルが約10回(一回のリハーサルは90分程度)でグランパドドゥを仕上げないといけないわけですよ。

 

そもそもの話をするとグランパドドゥを900分(15時間)で仕上げるのは、、、となるわけで

 

そこで、そもそものパドドゥの技法とは、細かくやり直していたら物理的や時間が足りないわけで、しかも多分教室が求めていることとズレているわけで

 

まあ、何が言いたいかと言うと

パドドゥクラスを受けることはとても大事だよってこと

 

僕の行うパドドゥクラスはパドドゥの【基礎】に重きを置いてます。基礎を学ぶことが1番上達への近道なわけですよ。

大人向けと

f:id:y-okawaki:20190629144649j:image

 

ジュニアの生徒向け

f:id:y-okawaki:20190629144933j:image

 

f:id:y-okawaki:20190629144936j:image

 

今日やるのは大人対象のやつね

パドドゥクラス(講師:岡脇)

 

体幹のお話

最近外部のお教室様からのパドドゥクラス(アダージオクラス)の依頼をよく頂くことが増えました。

 

やっていて、思うことはひとえに体幹の重要さ

 

もうね、全てこれです。パドドゥというか、バレエ上手になりたければ体幹を鍛える



これにつきます。

 

腹圧を高める。これとても大切です。

 

腹腔の部分てのは物理的に背骨(脊柱)のみで繋がっているわけで

 

脊柱の安定から優雅な動きや、安定した回転やジャンプをしようとするバレエでは、

いかに脊柱を正しい形で安定させるかが鍵となります。

 

これが、いわゆる「正しく立つ」です。正しく立つことにより、バーレッスンをしながら正しい筋肉を使える(鍛える)ことができます。

 

バレエの【立ち方】ってのはとてつもなく膨大な話なので今日はざっくりと言います。

 

上手くなりたければ腹圧を高めろです。

 

ざっくり言います

横隔膜を収縮させ、腹横筋、多裂筋を伸ばしながら力を働かせる(遠心性収縮と言います)です。

 

そうすることによって脊柱が全方向から支えられ安定します。

 

たくさん回転する際、体幹に大きな力が加わっても耐えることができるようになります。

 

ぜひ試してみてください。

 

あ、そうだ

 

この【立つ】に特化したワークショプ夏に行います。

 

 

8/5.8/6

都立大のノアスタジオで行います。80坪もある巨大スタジオをなんと二日間貸切です。

 

時間ある方は遊びに来てね。

 

www.ballet-salon.com

 

f:id:y-okawaki:20190629132206j:image

 

 

 

関連リンク

 

mita-ballet-school.com

www.ballet-salon.com

peraichi.com

 

 

 

 

 

 

 

バレエを軸に

こんにちは、バレエを軸足に生きている踊る社長です。

最近ではやってることが多すぎてお前は何屋なんだ?という問いには面倒臭いから(嘘です)全て「踊る社長をやっています」と答えています。

 

f:id:y-okawaki:20190629123703j:image

 

 

今、僕がバレエを軸にメインにお仕事としてやっていることは

 

・バレエダンサー

・バレエ団経営

・オンラインサロンオーナー

・バレエ用品製造販売

・貸衣裳業

・芸術振興団体の理事長

・バレエスクール経営

・カメラマン

・バレエに特化したクラウドファンディングの制作、コンサルティング

・バレエ教室メインのWEBページ作成

・バレエ教室メインのコンサルティング

 

ぱっと思いつくだけでこれだけあります。

数年前から数えて、もはや自分でも全貌を把握できていないほどに増えたなと感じています。



 

僕の場合、何かを軸足にするってことはとても効率が良く回っている気がしていてですね。つまり応用が効きまくるんですね。

 

同じ労力と時間でコンテンツをプロダクの数だけ掛け算で生み出すことが出来る訳ですよね。

 

例えば、オンラインサロンの撮影

 

配信系の撮影なんかは、カメラの台数(スマホなんかでOK)を増やすとコンテンツを大量に生産できます。

 

サロンの配信をしながら、同時にインスタ、twitterFaceBookで配信をしながら

キリの良いところで、続きはオンラインサロンでと他のカメラを止めると、サロンとの差別化にもなるし

続きが気になってサロンに入会する人も現れるかもしれないわけですよね。

 

今後は撮影後少し編集してYouTubeに上げるのも行っていきます。

 

f:id:y-okawaki:20190629124043j:image

 

僕がコンテンツを作る上で常に意識していることは【原液】を【どこ】に置くのかです。

 

この場合【原液】はオンラインサロンの中にあるわけです。

 

その【原液】どう薄めて拡散するのか?これが一番大切だと感じています。

 

これから起業する人はその辺を意識すると良いと思います。

 

うちのオンラインサロンはここです

www.ballet-salon.com

 

専門的なバレエに完全特化させています。

雑誌などでは言えないような、ぶっちゃけた話や海外で活躍するダンサーや教師たちとの交流や、留学の相談、就職の相談ができます。

 

覗いてみてね!

 

 

 

関連リンク

 

mita-ballet-school.com

www.ballet-salon.com

peraichi.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公演活動費捻出!

ご無沙汰しております。

 

踊る社長です。

また今日から記事をたくさん書こうと思います。

 

団費、チケットノルマの無いバレエ団を立上げて約2ヶ月となります。本当に濃い2ヶ月であったと感じております。ツアー公演など決まり本当に嬉しいや当然悲しいことも沢山ありました。

 

f:id:y-okawaki:20190629114506j:image

 

みなとシティバレエ団への想い

さて、バレエダンサーの雇用の為にと立ち上げたこの非営利の団体ですが、
遂に みなとシティバレエ団が本格的に日本での公演活動を開始します。

 

f:id:y-okawaki:20190629114434j:image

我々は【世界の果てまで芸術を届ける】をスローガンに非営利で活動を行なっております今月は自主公演ではないですが、2つのパフォーマンスに出演させて頂きます。率直に物を言いますと公演活動を続けていく上で1番問題となるのはやはり資金の問題です。

 

f:id:y-okawaki:20190629114628j:image

どんなに優れた理念を持っていようとも継続性が無ければ意味が無いと僕は思います。このみなとシティバレエ団はあえて、僕の経営する会社と経営をわけての別団体として立上げました。一個人の運営するプライベートなバレエ団よりも、会計や活動内容を可能な限り透明化し、更に公益性の高いものとして世の中に応援してもらおうという想いがあったからです。

 

f:id:y-okawaki:20190629114705j:image
団費、チケットノルマが無いということはキャッシュフローのお察しはつくかと思います。
現在の稽古場代やスタッフの人件費などの活動費用は僕の個人的な持ち出しで賄っております。言い出しっぺなんだから当然です 笑

 

そこで
活動を知って頂く為の公演活動費の資金繰りとして
ポルカを立てました。


このポルカからダンサー達のギャラも捻出したいと思っています。
芸術家達の努力が認められる世界が実現される為にも何卒ご支援の程宜しくお願い致します!

 

polca.jp