#踊る社長 ゆっぴい 岡脇柚太加のブログ

#踊る社長 ゆっぴい バレエダンサー、(株)ライフスタイルオーダーメイド代表取締役 バレエ学校在籍中からプロ活動を開始する。プロ活動する傍ら、某大手保険代理店支社長を務めるなど異色の経歴を持つ。自身も現役で活躍しながら、経営や金融に明るいことを武器にバレエ事業を多角的に展開中。#踊る社長 ゲスト出演等も承ります。

なんとかなる

おはようございます。
マスクを着けながら筋トレをすれば、心肺機能もあがりスタミナも上がるんじゃないかと
今更ながら発見した踊る社長です。

 

さてさて、いよいよという感じですが

これは「戦争」だな。昨日コロナにどう立ち向かうかを考えていたときに思ったことです。

 

今、世界は大混乱の中にあって
昨日の総理の会見の配信を僕も固唾をのんで見ていました。

「ついにロックダウンか」

誰もが思ったことだと思います。

 

僕は、教室経営や舞台主催、個人のダンサーとしても活動しているわけで

「ロックダウン」によってそれぞれの立場の人がどれほどのダメージを受けるかなんて容易に想像がつきます。

 

教室経営者はスタジオの家賃や先生達の給料の支払い、休業した場合の顧客対応、返金なのか振替なのかキャッシュフローの確保、借入れなどの資金繰へ奔走し、日々変わる制度融資の情報を収集し、金融機関との打ち合わせの日々

 

公演の主催者はチケットの収入は勿論のこと、開催可否へのさまざまな意見に対しての対応をしながら、決断し、各方面へ頭を下げる。終息の目処がない中で次の会場の確保もしないといけない。

 

ダンサーは出演料が入ってこなくなり、お金だけでは無く公演への為に準備してきた時間も失ってしまうわけで。

 

僕たち舞台関係の仕事は平和の上に成り立っているから今回の敵の出現に僕らは困り果てています。

 

いつ終わるか分からない戦いに多くの人が希望を失いつつあるのではないかと思います。

 

でもね

「まだ、やれることがあるはず」

 

 

いま、僕たち芸術家は進化を求められています。
正解は誰も持っていないこの状況の中で

新しい価値の創造をしないといけない訳です。


みんなでこの試練を乗越えないといけなくて

ポジティブに考えるとね

 

進撃の巨人風に二年後に誰かに
「すでに通過儀礼を終えた者には必要ない。 おそらく2年前の地獄を見てきた者達だ 面構えが違う」

とか言われている自分を想像して気持ちを鼓舞しながら仲間たちみんなと
この「小さな巨人コロナ」と戦いたいと思います。

 

すでにコラボのお声がけなど頂いていて、何ができるかなあと
結構内心わくわくしてもいるわけです。

というわけで、今日も頑張りましょう!

 

僕はバレエ界隈ではそこそこクラウドファンディングとか配信とかなんかは得意な方なので

何をしたらいいか全然分からないよ
という人は相談乗りますよ。
寂しがりやなんで大歓迎です 笑

 

さてそんなわけで今日もYouTubeアップしたので見てみてね

【画面酔い注意】32回連続回転をGoProを撮影してみた。【フェッテ】
https://youtu.be/DCRdhhwEQr4

お金に興味は無い

おはようございます。YouTube Premiumをずっと利用しているせいで、広告の存在を完全に忘れている踊る社長です。

 

さてバレエ団を立上げてまだ一年経ってない訳だけども
新団員を入れると、カンパニーメンバーも20人以上になり、新年度はとてつもない盛り上がりを期待している今日この頃です。

 

想像以上に外部からも協力して下さる方が居て
毎日本当に感謝な中生きています。

 

もうこの業界は縦には掘り進みすぎて内核に到達しそうなっている訳なので横展開をしていかないともう何もやることが無くなりそうな業界でして

 

縦軸の技術の深掘りなんかは他の天才達にお任せするとして
僕の役割はさっきも言った横展開は如何にしていくかというところかなと思ってまして。

 

さてどうしたもんかという訳なんですが、とりあえず発信を続けながら人に会いまくってます。

 

【横展開】とか言うと
また、踊る社長が怪しげなお金儲けをやろうとしてるなんてアンチに言われる訳なんですが
全くそんなつもりは無くて笑

バレエ界の拝金主義者みたいに思われている節はありますけど、実際僕はお金そのものには本当に執着は無くてですね。先日も楽屋である同業者に「俺、お金に興味無いのよね」と言ったら驚愕されたのは記憶を新しくて。

主役を踊って900円だった舞台とかも沢山あったよ。まあ、それはそれで他に得るものがあったから納得して出てた訳で、仮に僕がお金ベースで動く人だったらそんな公演には出演して無い訳で
何が言いたいかというと、稼ぐべきものはお金だけでは無いよという話。

 

お金なんて信用を数値化したもの、やりたいことの実現の為の一手段でしか無い訳で

みなさんパンを買う為にお金必要でしょ?
お店に置いてあるものを勝手に持って行ったらほぼ例外無く怒られます。

 

僕もバレエ団運営や働いてくれている人に御礼を支払うのにお金が必要な訳で
僕自身、生活レベルは結構低くて
起きている時間のほぼ100%は仕事をしているもんで、、

お金を使う時間も無いし、バレエ団維持等恐ろしく費用がかかるのでゲストの仕事のギャラなんかもそこに全てブチ込んでます。

 

まあ、そんなもんですよ
そもそもね、お金儲け自体が好きなら「バレエ」なんてやってない
幾ら稼げるか?というスコアベースでものを考えるならまず、どのフィールドで頑張るかで
幾ら稼げるかはほぼ決まるので、バレエというフィールドは沢山稼ぎやすいフィールドでは無いと思います。

 

今ならIT業界一択でしょ。
稼いでるSEの月収とかバグってる訳なんで。

なんだかさらに胡散臭くなってきたので笑
この辺でやめときます。


とにかく僕はお金に執着は無いよって話でした。

 

という訳で今日も【横展開】について頑張っていこうと思います。

今後とも宜しくお願い致します🤲

 

f:id:y-okawaki:20200322132242j:image

芸術を止めるな

おはようございます☀
沢山の業界が新型ウィルスの影響を受け日々闘っている訳なのですが、当然私、踊る社長も日々奮闘しております。

こんな時だからこそ
経済を止めるな
芸術を止めるな
歩みを止めるな
です。

 

ゆっくり休んでもいいとか言う意見をたまに耳にしますが、僕の考えは全く逆で

 

何言ってんの?今一番ジタバタする時でしょ

何が何でも生残るくらいの気概で踏ん張る時な訳で

次の一手を考えないと

 

駄々っ子のように本番が無くなったとか、受注してる仕事が無くなったとか

騒いでも、何の解決にもならんよ

以前から愚痴なら墓場で言え

と言っているけど、絶対に何か打開策があるはず。

まだ何かやれることがあるず!

泣き言を言っても何も変わらない

感情的になる前に、理性で受け止めて冷静に次の一手を考えよう。

 

ここで休んでいたら確実に置いてけぼりです。

我々はこれまでの歴史の中において大きな問題が故に変化を求められた時に、その変化に適応した者だけが生き残っているわけで

 

僕ら日本人は敗戦を経験して、全国民がほぼホームレスだったようなところからここまで這い上って来たんだよ。

 

今僕らがするべき事は自粛だけでは無く、変化に対して適応する為の努力です。
適者生存の世の中な訳で。

 


みんなで乗り越えましょう

 

そんな訳で今日も一日頑張ります😌

動画も止めません
YouTubeも宜しくね!

【バレエ】リプカのコツ
https://youtu.be/jR1LAyY0CvA

f:id:y-okawaki:20200319180745j:image

 

f:id:y-okawaki:20200319180355j:image

バレエ団のあり方について

どうもこんにちは!

海賊王に俺はなる!と叫んでいるルフィ並みに

YouTubeに力を入れている、【動画のお化け】踊る社長です。

YouTuberに俺はなる!

f:id:y-okawaki:20200131130806j:plain


 

 

なぜYouTubeを頑張っているのか?

さて、なんでね最近こんなにもYouTubeに力を入れ出したのかを説明します。

 

ほら、私ねかなりツイッターなどでね

バレリーナが食えない共通認識」をぶっ壊すとか言ってるじゃないすか?

 

それで外に出て行っていろんな人と会ってこの問題について意見交換とかをするわけですよ。そこで気づいたんです。

 

あれ?みんなバレリーナが食えないって知らないんじゃね?

「そうかー!バレエは食っていけると思ってたー」というのをかなり耳にしまして

 

ということは「バレリーナが食っていけない共通認識」はバレエ業界だけの話なわけで

今僕がやるべきことは、この現状を他業種の人に伝えて一緒に考えてもらうことが大切なのでは。と思ったわけで

 

じゃあ、どうやってそれを世間に伝えていく?となったときに閃きました。

そうだYouTube

 

もうこれしかない。というかこれ一択や

 

ということではじめましたYouTube!

 
今年は正直に語るをテーマにしてます。
なので、業界の問題点や食えない問題とか全部ぶちまけます。

 

きっと多くの人に反感を買うと思います。だってバレエじゃ生活できないって自ら進んで人にいうバレリーナとか多分居ないと思う。だから、自分たちや業界が黙って秘密にしていたことをベラベラとぶちまけ、自分たちの秘密を垂れ流す僕のことを憎く思う人もいるかもしれない。

「バレエ団入ったんだー すごいね!」とお正月に親戚の集まりや初対面の人に「バレリーナなんだ!凄いね!」と褒められて
でも心の中では、食ってけ無い事実を横目に現実の世界との認知のギャップに心がズキンと痛む。
分かるよ。僕もそうだった東京に出てきて とあるバレエ団にソリストとして入団するんだけど給料なんてほとんど無かった。ホテルのアルバイトと掛け持ちで1年間は死ぬほど働いた。同僚や初対面の人に「バレエやってるんだ!凄いね!」と言われその瞬間は嬉しいけど、食えていない現実にすぐ引き戻される。

人に「すごい!」と言われるたびに心が傷ついていく自分に嫌気がさしていた時期もある。


でもさ、待っていたんじゃ誰も助けてくれないんだよ
僕たちは文句を言っている間に肉体的なタイムリミットを迎えて踊れなくなる。

そしてプロの定義はインターネットの登場によりとても曖昧になった
バレエ団に所属していることがバレエダンサーの定義なんかじゃない。


バレリーナと名乗りたいが為にノルマや団費を払いながらバレエ団に所属するなんて時代遅れだと思う。文句があるならやめればいい


いつまでバレエ団に搾取され続けるの?
キツイことを言うけどダンサーには賞味期限がある、踊れなくなってから


過去の自分では心から納得のいかない経歴やキャリアに後悔をしながら、無理やり話を美化させながら「もっと本気を出していればよかった」と後悔と共に生きていくのか。


僕はそんな将来は死んでも嫌だ。自分の子どもには胸を張って自分の仕事の話をしたい。

だから行動に移す。バレエ団を立ち上げ新しい時代のバレエ団の成功モデルを作る。これは僕の信念であり、決して折れることは無い。
業界についての文句を言う暇があったら僕に手を貸して欲しい、一緒に行動を起こして欲しい。

 

動画集

 

 

 

 

 

 

組織と個人のあり方について

 

バレエ団とダンサーって本来、共犯関係を築くべきだと思っていて。あるタイミングでそこのバランスが崩れたわけですね。

これからは、バレエ団としてはダンサーにリソースとプラットフォームを提供する。

ダンサーはそのリソースを最大限に使って世の中に自分を売り出していく

ダンサーとしての知名度が上がると同時にバレエ団の知名度も上がる

 

双方向にメリットのある関係作り

 

といったことをどう現実の世界でやっていくかと日々試行錯誤している

踊る社長でした。

 

ちなみこんな私が代表をしております。
みなとシティバレエ団ですが、2020年2月24日
オーディションをします!
一緒にバレエ界を変えたいという想いを持った仲間を募集します。
https://www.t-saj.org/audition.html

一人では不可能なことでも、仲間とやると案外簡単に叶ったりするもんです。ぜひ一度僕の話を聞きにきてください。一緒に解決していきましょう!
 

f:id:y-okawaki:20200131131340j:plain

2/24オーディションします!



 

関連リンク

 

mita-ballet-school.com

www.ballet-salon.com

peraichi.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ターンアウトの重要性について

ターンアウトについて


おはようございます!

踊る社長です。

 

 


最近ね、結構プライベートレッスンを頂いております。その中で思うことが沢山あるんですが、


うん、まあ

【立ち方】

超絶大事ですよ。本当に本当に


そんでもってこの【立ち方】

分かりやすく言うと、良い姿勢を作るってことなんですけど


良い姿勢を作る上で大切なことがありまして、それが

 


腹圧を高める

 


です。もうねこれに尽きるんですよ本当に

 


え?

 


題名はターンアウトについてじゃないの?だって?

 


そうそう

【ターンアウト】これね、腹圧高める時に非常に大事になってきます。

ターンアウト出来ないと正しく立てません。


Twitterとかでも上げてるけど

ターンアウト(大腿骨の外旋)と腹圧高める時に使う骨盤底筋群は同時に使うと機能しやすくなります。




ターンアウトは外旋六筋の収縮によって作り出される動きです。

 


よくお尻をぐっと締めて、めっちゃお尻が窪んでる人いるじゃないですか

あれ、間違いです

 


大臀筋などの臀部の大きい筋肉を主動筋として使うとインナーマッスルの外旋六筋膜が使えません。

 


インナーマッスルを主動筋として使っていく、筋肉の力を入れる優先順位を変えないといけなくて

 


これをする為にはまず、深層筋を鍛えないといけないです。外旋六筋をリリースすることと、鍛えることがとてもとても大切です。

 


というわけで

YouTube に外旋六筋を効率良く鍛えるの動画を上げてますので参考にしてみて下さい。

 

 

関連リンク

-----------------------------------------------------------------------

◆バレエに特化したオンラインサロン◆

https://www.ballet-salon.com

 

 

 

◆8歳から入学可能なプロ養成バレエ学校三田バレエスクール◆

http://mita-ballet-school.com/profess...

 


◆みなとシティバレエ団附属 三田バレエスクール◆

 


◆みなとシティバレエ団ホームページ◆

https://www.t-saj.org/minato-city-ballet.html

 


◆大人のためのオープンバレエスタジオ◆

https://peraichi.com/landing_pages/view/mitadancefactory

 

 

 

 


-----------------------------------------------------------------------

踊る社長の各種SNS

-----------------------------------------------------------------------

 


Twitter

https://twitter.com/yuppiiteru

 


Facebook

https://www.facebook.com/yutaka.okawaki

 


Instagram

https://www.instagram.com/yutaka1630/...

 

f:id:y-okawaki:20200117115906j:image

 

 

バレエ団を立上げた理由

こんばんは踊る社長です。

 

最近よくよく

色んな人から「そもそもなんでバレエ団なんて立上げたの?」と聞かれます。

 

大切な話なので、何度でもします。

理由は2つあります。

1,バレエダンサーの雇用の創出の為

2,世界の果てまでバレエを届ける為

 

悲しいことに日本でバレエダンサーが食べていくことは本当に難しい現実があります。

まずこの現実を受け止めて、向き合って変えてく必要があります。

 

 

これは本当に業界を上げて取り組まないといけない問題なわけです。

 

バレエの学習者人口はここ数年で40万人から36万人に落ち込んでいます。

はっきり言って斜陽産業です。学習者人口は減っているのにバレエスクールは増えているといった非常事態なわけで

 

これは早急にマーケットの拡大を業界を上げて取組むべきなのですが、プレイヤー達のスーパー貧乏マインドが炸裂して中々前に進まないわけです。

これは僕の課題でもあるので、もっとバレエが大衆化されるように頑張りたいと思っています。

 

二つめの理由はバレエを世界の果てまで届けたいという思いがあるから、芸術家として社会貢献をしたいわけです。

芸術は全人類の普遍的な共有財産であるということは文化庁も言っているように、全ての人に開かれているべき芸術を劇場の中だけに閉じ込めてしまうのはいけないと思った次第なんです。

 

YouTube にも想いを語ったので是非観て下さい。

何故バレエ団を立上げたの?

 

これからどんどんシリーズ化していきますので

お楽しみに!

f:id:y-okawaki:20200106100958p:plain

 

決意を新たに

新年明けましておめでとうございます。

踊る社長でございます。


昨年は本当にお世話になりました!


振り返ってみますと

2019年はスタジオ移転から始まり、なんじゃかんじゃすったもんだあってバレエ団を立上げ。そんでもって立上げたと思ったらいきなりベトナムツアー決行したりと

まあ、沢山色々ありました。

良いことも悪いことも沢山ありましたが、忘れられない一年になったことは間違い無いです。

 

f:id:y-okawaki:20200101053905j:image
f:id:y-okawaki:20200101053914j:image
f:id:y-okawaki:20200101053908j:image
f:id:y-okawaki:20200101053917j:image
f:id:y-okawaki:20200101053911j:image

 

⬆︎スタジオ移転と突貫工事の様子

やること多すぎて本当に死にそうだった

 

f:id:y-okawaki:20200101071923j:image
f:id:y-okawaki:20200101071920j:image
f:id:y-okawaki:20200101071917j:image
f:id:y-okawaki:20200101071926j:image
f:id:y-okawaki:20200101071914j:image

 

バレエ団を立上げからはツアーの準備とかで本当にずっと走りっぱなしでしたねー

 

ほんでね
来年はと言いますと、新作の制作や自主公演とか徳島ツアーとか海外ツアーとか目論んでる訳で一秒も無駄には出来なさそうな雰囲気がしています。2019年よりさらに盛りだくさんです。

 


そんでもって、最近気付いたことがありまして。何かとまあざっくりと言うとリーダーがすべき最も大切なこと的なあれです。


僕の組織の中での役割はですね【旗振り役】なんですね、バレエ団にしてもバレエスクールにしてもオンラインサロンにしても躍る社長が言い出しっぺなわけで

あそこに行くぞー!!!と最初に走って目印になる人のことです。

 


そして、そんな僕を多くの人に見つけてもらって支援してもらっている訳です。仲間にはついてきてもらってる訳です。

ほんでね、最近どうも前に進んでいる気がしてなくてですね、いや仕事は頑張ってるんですよ、すべきことや向き合うべきことに向き合いながら日々格闘している。毎日門を叩いて闘っているんだけど、でもなんだか前に進んでいない気がする。そんな感覚がこの2ヶ月くらい続いてましてですね


うーんどうしたもんかと、ずっと考えていたわけんですが、ようやく気付きました。

「あ、俺が大きく進んで無いから船が進まへんのや」

これね、要はリーダーは誰よりも前に進まないといけないというお話なんです。自分が前に進まないと誰も支援出来ないし、誰もついてこれないという事実に気がついた訳です。

みんなと同じ場所に立っていても何も進まないんですね。悲しいことに。


もちろんね、今ある問題に向き合うのはとても大切です。しないといけません、大事なのは優先順位の話で

役割的に自分がリーダーであり旗振り役なのであればすべきことにおいての最優先事項は前に進むことです。リスクを考えずに大きく前に進む、というか突っ走ることです。

リーダーが保守的な仕事を最優先させてしまうと組織は推進力を失います。

リーダーは仲間を信じて前に突き進まないといけない訳です。

なので僕は安全圏の外へ出て世間に晒されながら進みます。

 


という訳で今年はぶっちぎります。

光の速さで進んで行こうと思います。もう誰も俺を止めることは出来ねえ。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

あ、そういえば

年が明けると共に誕生日を迎えました。そう1月1日は踊る社長の誕生日です。

 

ここまで読んでくれた あなた!

感謝しかありません。
こっそり、ひっそり

誕生日のポルカを置いておきます。

お、お、お年玉も欲しいなあ

元旦が誕生日。いくつになってもお年玉が欲しい。欲しいよおおおおお - polca (ポルカ) - フレンドファンディングアプリ

 

f:id:y-okawaki:20200101072959j:image

 

今年も何卒宜しくお願い致します。